商品カテゴリー
カートの中を見る
GMOとくとくポイント使えます
※20歳未満の飲酒は法律で禁止されております。
※未成年の方のご利用は固くお断りいたします。

コラム2 憧れのフランスへ

旅の始まりからカルチャーショックを受け、圧倒されている自分を感じました。 「ワインに魅せられて」 日本女性初のソムリエ Mme.TOMIKO OIWAKE 1978年6月、私はエールフランスの機上の人となりました。窓から外を眺めると、一面の雲に覆われた中に一筋の太陽の光が差し込んできたのです。まるで私の心の中のごとく、不安の中に希望を垣間見たような情景でした。初めての人たちとの、初めての海外旅行。不安とまだ見ぬ国へのあこがれを秘めて、気持ちが高揚していました。

パリに着いた時、私は目を見張りました。コンコルドが飛行場にあるではないですか。市街地に着いた時も、しばらくは呆然としました。古い建物が建ち並び、そのさまざまな様式といったらセーヌ川やその両岸のマロニエの本、教会とまるで絵でした。 旅の始まりからカルチャーショックを受け、圧倒されている自分を感じました。


何もかもが初めての体験で、大きな感動を与えてくれました。 「ワインに魅せられて」 日本女性初のソムリエ Mme.TOMIKO OIWAKE ロワール川の昔のお城に泊まった時は庭の広さに驚き、ボーヌにある地下のカーヴ(ワインを貯蔵してあるところ)では迷いそうになったりもしました。コニャック地方のヘネシー社のゲストハウスで食事をした時は何を話してよいのかわからず、苦痛の二時間半を過ごし、庭でのリラックスしたコーヒータイムになった時はホッとした事を忘れません。

「ワインに魅せられて」 日本女性初のソムリエ Mme.TOMIKO OIWAKE シャンパーニュに行った時も、スケールの大きさやナポレオンの帽子に歴史を感じ、シャンパンハウスでの試飲もすてきでした。何もかもが初めての体験で、大きな感動を与えてくれました。 三十歳になろうとしていた私にとって、これからの生き方を考えさせられたのです。それから私はがむしゃらにワインの勉強に取り組みました。







Mme.Tomiko's コラム/イントロダクション
上に戻る